インテルCPU Coreシリーズ、Celeron、Atom違いは?

「Interl、入ってる」でお馴染み、Intel(インテル)のCPUには、Core i7、Core i5、Core i3、Celeron、Core M、Atomなどがあります。

 

これだけ種類があるとなると、「どれを選べばいいのか分からない。」という方もいらっしゃるでしょう。

 

というわけでここでは、インテルのCPUの種類について解説していきます。

 

Core i7、Core i5、Core i3の違い

 

Intel Core i7

 

Core i7は(Xeonを除けば)インテルCPUの最高級品にあたります。

 

性能、値段ともに高いですが、高いCPU性能を必要とされる作業に向いたCPUです。

 

動画作成やビデオ編集は、パソコンでする作業の中でも、比較的重い作業です。

 

そのため、動画作成やビデオ編集をするなら、Core i7を搭載したパソコンがおすすめです。

 

(ちなみに、Xeon(ジーオン)とは、業務用向けの高性能CPUです。法人向けのパソコンに搭載されていることが多いです)

 

 

Intel Core i5(コア・アイ・ファイブ)

 

Core i5は i7とi3の中間の品で、やや高級品のCPUという位置付けです。

 

大抵のことはこなすことができるので、個人的にはコストパフォーマンスの高いCPUというイメージです。

 

 

Intel Core i3(コア・アイ・スリー)

 

Core i3は価格、性能共にそこそこでインテルCPUの中では通常品といったあたり位置づけです。

 

普通にパソコンを使う分には、Core i3でも十分です。

 

Coreシリーズの中では、一番下の性能ではありますが、CoreシリーズのCPUではあるので、比較的しっかりとした性能をもったCPUです。

 

 

Celeron(セレロン)は、激安パソコン向けのCPU

 

Celeron(セレロン)はインテルCPUのなかで廉価版という位置付けなので、Coreシリーズとはそもそも土俵が違います。

 

当然、廉価版なので価格は安いですが、性能はCore i3と比べても大きく劣ります。

 

安さに特化したCPUということになります。

 

激安パソコンに搭載されていることが多いです。

 

モバイル向けのCPU Core MとAtom

 

現行のwindows PCに使用されているモバイル向けCPUには、Core MシリーズとAtomシリーズのあります。

 

どちらも、モバイルPC向けに省スペースに搭載できるように設計されたCPUです。

 

より小ささや、軽さを追求したノートパソコンに搭載されていることが多いです。

 

これらの違いは『性能面』と『価格面』に表れています。

 

 

Core Mは、性能重視のCPU、Atomは価格重視のCPUです。

 

 

Core Mシリーズがリリースされた切っ掛けは、第4世代のプロセッサであるHaswellにおけるCore Yシリーズにおいて、

 

モバイルPCの性能面が重視されていたことや、タブレットPCとそれに伴う2 in 1(タブレット兼ノートPC)需要が高まり、ラインナップの拡充が求められたことがキッカケです。

 

その一方、Atomシリーズのリリースの切っ掛けは、主に海外での低価格モバイルPCの普及に伴い、性能面よりも価格面を重視したうえで、ミドルレンジ以下・低価格のラインナップをそろえることが目的として作られたようです。

 

Core Mシリーズは、AtomシリーズのCPUを性能的には上回りますが、価格の面ではAtomシリーズの方が安いです。

 

安いミニノートPCには、AtomシリーズのCPUが搭載されていることが多いです。

 

3Dグラフィック面においては、AtomシリーズのCPUでは性能的に厳しいため、動画作成などには不向きです。

 

 

PCゲームや動画作成といった使い方をするのでしたら、Core MシリーズとAtomシリーズと、どちらがいいかと言えば、当然Core Mシリーズ搭載のPCがいいですよということになります。

 

ただ、ノートパソコンでもCoreシリーズのCPUが搭載されていることもたくさんあるので、ノートパソコンだったらCore Mシリーズか、Atomシリーズのどちらかが搭載されているというわけではありませんので、その点は勘違いなきようにお願いいたします。

 

Core MシリーズとAtomシリーズは、省スペースに対応させたCPUと考えればいいと思います。

 

 

Youtubeやニコニコ動画をはじめとした動画配信サービスのユーザ数は、今後も増えていくと思われますし、ユーチューバーデビューしようとする人が、パソコンで動画作成をしようとすることも増えるでしょうから、モバイルPCのシーンにおいては、Core Mシリーズ搭載PCの需要はまだまだ落ちないでしょう。

 

 

動画作成・ビデオ編集におすすめのパソコンはこちらからどうぞ