これは便利!SDカードは、PCの動画の保存先としても使える!

SDカードと聞くと、何を思い浮かべますか?

 

「デジカメや、スマートフォン等の携帯用端末のデータを保存するもの」というイメージが強いのではないでしょうか?

 

しかしもちろん、パソコンのデータも保存できます。

 

パソコンによっては、SDカード用のスロットが付いている場合もあります。確認してみて下さい。

 

マイクロSDなどはアダプタを利用してSDカードサイズに合わせる必要があるかもしれません。

 

PC本体にカードスロットが付いていない場合でも、市販のUSB接続の外付けスロットがあるので、それを使うという手もあります。

 

Windowsであれば接続後のフォーマットを行うと、普段使用しているUSBメモリと同じように使用することができます。

 

パソコンのSSDとなどの容量不足になってしまったときに、記憶媒体が手元にない場合などは、一度使用していないSDカードがないか探してみることをお勧めします。

 

 

32GBを超えるSDカードは、SDXC対応のパソコンでないと使えない!ここ要注意!

 

SDXCとはSDカードの規格の一つです。

 

XC=拡大容量(eXtended Capacity)の名のとおり、32G以上、理論上の上限は2TB(2048G)の大容量なデータを扱えるようになっています。

 

ただし、32GBを超えるSDカードを使用する際には注意が必要です。

 

実はSDXCの大容量を実現するために、これまでのFAT32形式からexFATという新たなフォーマット形式を採用しているからです。

 

要するに、フォーマット形式が違うわけです。

 

そのため、この新フォーマット形式に対応しており、SDXC対応となっているパソコンでないと、SDXC対応のSDカードが使えないのです。

 

32GBを超えるSDカードを購入する際には、自分のパソコンが対応しているのかどうか確かめてから買われることをおすすめします。

 

動画作成・ビデオ編集におすすめのパソコンはこちらからどうぞ