ビデオ編集はMacとWindowsどちらがいい?

動画作成するならMac、Windowsどちらを選ぶべき?選び方は?

動画作成やビデオ編集はMacとWindowsのどちらのパソコンでも行うことができます。

 

しかし、お値段の面でいうとMacの方が、同じ性能でもウィンドウズPCよりも値段が高くなりがちです。

 

というわけで、性能が同程度のパソコンを比較した場合、Windowsの方が低いコストで動画作成などができるということになります。

 

例えばcore i5搭載のMacBook Air11インチだと価格は10万円ほどします。

 

これがWindowsでcore i5搭載のパソコンなら、安い物だと6万円程度で買えるので、結構な差があることがわかると思います。

 

Macは、ブランドパソコンであるので、仕方がない部分があります。ブランドパソコンが安くてはブランドになりませんからね(笑)

 

やはり、ブランドは、高いからこそ意味があるということで。

 

動画作成やビデオ編集するなら、パソコンにそれなりの性能が要求される

 

動画作成やビデオ編集は、パソコンの性能が低いと時間もかかりますし、動作も重くなることがあります。

 

それなりの性能のパソコンを購入するとなると、お金もそれだけ必要になってきます。

 

ですからできるだけコストを低く抑えたいとのでしたら、Windowsを選択した方が安くビデオ編集が行えます。

 

 

Windowsマシンに搭載されている無料のビデオ編集ソフト「Windowsムービーメーカー」

 

Windowsムービーメーカーは、Windowsマシンに搭載されている無料のビデオ編集ソフトです。

 

動画の不要な部分のカット。

 

テキストの表示、特殊効果の機能などがそなわっています。

 

例えば、自分で撮影した動画などを編集したい場合は、Windowsムービーメーカーを使用すればそれなりの動画を作成することが可能です。

 

編集した動画はWindowsMediaPlayerなどの動画再生ソフトで再生することができます。

 

WindowsムービーメーカーはWindowsマシンに標準搭載されていますが、パソコンのスペックが低いとビデオ編集の際に動作が重くなることもあるので、ストレスなく編集するにはある程度、パソコンのスペックが必要になります。

 

MACに最初からインストールされている動画作成・ビデオ編集ソフト「iMovie」

 

iMovieとはアップル製のパソコンにプリインストールされているビデオ編集ソフトです。

 

iPhone, iPad, iPod touch向けのiMovieは、App Store iTunesでダウンロード出来ます。

 

高機能なソフトではありませんが、基本的なよくつかわれるであろう早巻きや、スロー再生などのビデオ編集機能やフェードイン・アウトやエフェクトなどの音声機能をシンプルにわかりやすく操作出来るソフトです。

 

同じくアップル社製の音楽制作ソフトGarageBandで作った曲を簡単にiMovieにつけることが出来き連携が簡単です。

 

YoutubeやFacebookやTwitterなどソーシャルネットワークなどにも簡単に公開できるようになっていて初心者のかたには、とてもおすすめです。

 

 

動画作成・ビデオ編集におすすめのパソコンはこちらからどうぞ